291

シミュレーションオブGS美神!

「このゴーストスイーパーミカ・レイが!極楽に逝かせてあげるわ!」


「グアアーッッ!!」


「よし、いっちょあがりっと」


「ミカミさーん!」


「くぉら横島ー!私の名字はミカだって何度言えばわかるのよー!」


「ひいいすいませんすいませんー!」


「ま、まあまあミカミさん。私や横島さんもいつもと違いますし」


「うーむ、でもこれはこれで新鮮だ」




──────────

『ミカ・レイ』

誰もそう呼ばない



『横島忠夫』

金髪



『おキヌちゃん』

シスター服

──────────




「レイコちゃんと一緒にお仕事〜とっても楽しかったわ〜」


「だから私の名前はレイだってのー!」


「ねえーんピート♪これからデートしましょー♪」


「エ、エミさん!?なんかトーン貼ってないように見えるんですが!?」


「マリア!吸血鬼の村からこっそりくすねたワインを売って家賃にあてるぞ!」


「イエス・ドクターカオス」


「なあ、唐巣のおっさんはなんでハゲじゃないんだ?」


「おしょーさんはみんな丸坊主ですもんね」


「私は破戒僧だからいいんだよ!」




──────────

『六道冥子』

式神が十二星座

「おひつじ座のアリエス」電撃攻撃。夢に入りこむ。

「おうし座のタウルス」霊を吸いこむ。

「ふたご座のジェミニ」変身能力。

「かに座のキャンサー」鋭いハサミで敵を切り裂く。霊波光線で攻撃。

「しし座のレオ」短距離の瞬間移動。

「おとめ座のヴァルゴ」相手を魅了する。

「てんびん座のライブラ」相手の能力や弱点を探る。

「さそり座のスコルピオ」妖毒の尾で敵を刺す。

「いて座のサジタリウス」時速300キロで走る。霊体矢で攻撃。

「やぎ座のカプリコン」攻撃を代わりに受ける。

「みずがめ座のアクエリアス」ケガや病気の治療。

「うお座のピスケス」水中を速く泳ぐ。水の中でも呼吸できる泡を作る。



『小笠原エミ』

美白



『ピート』

黒髪



『唐巣和尚(からすかずたか)』

ニックネームは和尚(おしょう)



『ドクターカオス』

「アジアの魔王」と呼ばれる錬丹術師



『マリア』

チャイナ服

──────────




「この門を通りたくばこの右のビッグイーター!」


「そしてこの左のビッグイーターを倒してみせよ!」


「おや、お客かい?」


「「メ、メドーサさまああっ!!」」


「あんたたちもその定番やるんかい!」


「しかもコギャルバージョンか!」




──────────

『メドーサ』

小竜姫のポジション

──────────




「そんな戦い方で私を倒せるとでも?」


「お前は小隆k…あ、いや、小竜鬼!」


「うむっ!メドーサさまのええちちとミニスカはもちろん素晴らしいが小竜鬼さまのつつましやかでそれでいて品がある感じもたまらん!!こーなったらもー両手に花でいこう!」


「こんな時に何を言っとるか貴様ー!」


「ああすみませんミカミさん!もちろんミカミさんも一緒に可愛がってあげますからにー!」


「あいつらほっといて始めるか」


「そ、そうですね。ところでさっき何て言い間違えましたか?(笑顔)」




──────────

『小竜鬼』

メドーサのポジション

──────────




「なんでワシの説明は省かれるんジャー!?」


「お前の設定はまったく変わらんからな」


「これも青春だわ」




──────────

『愛子』

ちゃぶ台

──────────




「煩悩エネルギーは満タンだ!準備はよいかポチ、じゃなかったヨコシマ!」


「・・・なあ、バンダナに土偶がついてるって無理があるだろ」


「パ、パパに似ている!(唐巣を見て)」


「ああん♪可愛い子がいっぱいでまよっちゃうわー♪」


「・・・よくあいつらを部下にしたね(グレープジュースを飲んでる)」


「・・・正直返す言葉もありません(緑茶を飲んでる)」




──────────

『土偶羅魔具羅』

心眼のポジション



『伊達雪之丞』

ファザコン



『鎌田勘九郎』

女好き

──────────




「・・・雷雨だってのにママが全然来ないわね」



〜過去〜



「あのー?これだと時間移動する必要ないんじゃ?」


「こ、こんな扱いはひどいのねー!」




──────────

『ミカ・チエ』

初登場がかなり遅くなった



『ヒャクメ』

ハーピーのポジション

──────────




「さあ横島クン!唐巣寺で仏前結婚式を挙げようじゃないか!」


「やってる事がまるっきり一緒じゃねーかー!」


「教会式じゃないのがちょっとだけ残念ですね」


「その気持ち分かります小鳩さん!私今はしすたーですから何とかしてみます!」


「はいはい、さっさと試練に挑戦して終わらせるわよ」


「身も蓋もないなねーちゃん」




──────────

『西条輝彦』

短髪



『花戸小鳩』

ブレザー

──────────




「せ、拙者のアイデンティティーがあああああああああっ!!!」




──────────

『犬塚シロ』



──────────




「セリフだけだと私が誰だか分からないんじゃないかしら?」




──────────

『氷室早苗』

共通語

──────────




「それじゃ横島と雪之丞は妙神山最難関コースを受けてもらうよ」


「メ、メドーサさまの上司で師匠!!(妄想内容:コギャル前のメドーサ)」


「ではまず準備運動として異界空間で私と一緒に虫取りなどをして過ごそう」


「てめえかよッ!?」



〜妙神山修行場門前〜



「おいベルゼブル!お前の背中はなんかごわごわしてて居心地悪いぞ!」


「うっせー文句ゆーなー!」


「フフフ、私は愚弟とは違うぞ!」


「(なりきってるなー姉上)」




──────────

『ワルキューレ、ジークフリード』

デミアンとベルゼブルのポジション



『デミアン、ベルゼブル』

ワルキューレとジークフリードのポジション



『アシュタロス』

斉天大聖のポジションで見た目は芦優太郎

──────────




「し、しまったじゃん!?時間移動のエネルギーが足りなくなっちゃったじゃん!」


「タイトスカートの時の姿か!逆天号に連れ去られた時の抱きつきが楽しみじゃー!」


「だから私の扱いがひどいのねー!」


「あ、こらヒャクメ!あんたの出番は霊動実験室の再現と再生怪人だけでしょーが!」



〜異界空間のアジト〜



「ほれ、次はこのゲームで勝負じゃぞ」


「・・・はやく来てくれ横島。ゲームに付き合わされて大変なんだ」




──────────

『ハーピー』

ヒャクメのポジション



『斉天大聖』

アシュタロスのポジション



『心眼』

土偶羅魔具羅のポジション

──────────



「ミカミセンパイを男なんかに汚されてたまるもんですかー!」


「特別審査員を攻撃すなー!」


「なんであたいがこんな事を(ブツブツ)」


「ふ、ふたりともー!一緒に戦ってくださーい!」


「・・・一文字さん、私たちの代わりはこのお二方でよかったんでしょうか」


「さ、さあな(苦笑)」




──────────

『千穂』※「愛に時間を!!」で登場した美神の後輩

弓かおりのポジション



『茜』※「ブラインド・デート!!」で登場した不良少女で名前はアニメから

一文字魔理のポジション

──────────




「こ、こ、こ、こちらステーキなかたね!?」


「・・・神無、これでリテイク何回目ですか?」


「もっと男を誘う感じで言わなきゃダメよ♪」


「言えるかー!なんで私が朧の真似なんかしなければならないんだー!」


「私が陰の立場だと色々問題ありませんか?」


「キーやんは『ヤンキー魔王』っちゅー意味にしといてシルエットを変えれば大丈夫やろ」




──────────

『神無、朧』

ポジションチェンジ



『神と魔の最高指導者』

ポジションチェンジとシルエットの変更

──────────




「あんたその恰好はどうかと思うんだけど」


年中ボディコンの美神さんには言われたくないですね」


「その喧嘩買ったわ貴様ー!!」




──────────

『魔鈴めぐみ』

箒→ハート型ステッキ 魔女っぽい衣装→魔法少女っぽい衣装

──────────




「きゃー!いい男めーっけ!」


「な、なんですかこの妖精は!?」


「ピート、あとは頼んだぞ」




──────────

『鈴女』

男好き

──────────




「あれ?なんで小竜鬼が三姉妹ポジになってんの?」


「人数の都合でこちらも兼ねてるんです。ですから大気圏突破も瀕死でしたが存命という設定になってます」


「こ、これはもしかしてッ!!おそらく小竜鬼さまがベスパポジで天龍童子がパピリオポジ!つまりルシオラポジはあの大竜姫…いや、大竜鬼さまかーッッ!!俺はヤる!!ヤらいでかああッ!!たとえGTY+利用規約に違反しようが俺はヤるッ!!そんなに甘い男やないで俺はーッ!!」


「あ、違いますよ横島さん。私のポジションはパピリオで大竜鬼はベスパです」


「・・・え?」



横島の背後でふしゅるる〜と声(?)が聞こえた。



「そんなにわらわを求めたのかダーリン。よかろう、その思い受け取った」


「なんでお前なんじゃあああああッッ!?」



〜妙神山修行場〜



「ハッ!?ヨコシマに危機がせまってる!今行くわーッ!!」


「待つでちゅルシオラちゃーん!」


「姉さーん!私たちはモブキャラだぞー!」




──────────

『ルシオラ』

背景キャラのはずだったが宇宙意志シナリオに反して織姫からポジションをもぎ取った

──────────




「あれが究極の魔体・・・なんて大きさなの」


「あのーミカミさん?あれってどう見ても大猿になったサイヤじn」


「それ以上言うなーッ!!!」




──────────

『究極の魔体』

1700万マイト以上ある月の魔力で稼働

──────────




「九尾がとってもイケてるわよタマモ!狐耳もショートヘアに映えるじゃない!」


「タマモちゃん、油揚げのお料理いっぱい作ってあげるからね」


「(つД`)っ文珠」


「同情なんかいらないわよ!(号泣)」


「今のおまえの気持ちはよく分かるでござるよ・・・決して間違ってないのに大事な何かを失ったその気持ちは・・・(遠い目)」




──────────

『タマモ』

見た目が狐キャラのテンプレ

──────────








シミュレーション終了−−−−−


「いや、これはないだろ」



魔族が支配した世界のシミュレート結果を見て一人つぶやくアシュタロスであった。
2作目です。

[mente]

作品の感想を投稿、閲覧する -> [reply]