2039

未来の翼




ヒュォォッと、耳の横を風が吹いている。
あたしはただ、青い空を眺めていた。
あたしが立っている場所とは不釣り合いなくらい綺麗な青い空を。
風が、髪を撫でる。短くなった赤毛。
あたしの耳には通信機器と、風に揺れるイヤリング。
そんな恰好で、あたしは戦場の真っただ中のビルの屋上で、ただ立っていた。
そして、皆本を待っている。
銃を持ってあたしを撃つ、皆本を。
他の皆はただ、あたしが戦場の指揮を執るためにここにいると思っているだろう。
あたしの死の予知。
それはほとんどの皆が知らないことだ。
知っているのは皆本、京介、ばーちゃん……きっと数えるほどだ。

(なんで、あたしはそれを知っていて、ここにいるんだろう)

あたしは眉をぎゅっと寄せた。

皆は戦っていた。
超能力者と普通人。
黒い幽霊。普通の人々。バベル。パンドラ。
色々な思惑が混じり合う、この戦いは混迷を極めていた。
誰もが、こんな未来を望んでいなかっただろう。
それでも、幸せになるために、ただ戦っているのに。
あたしは、どうしてこの場所で皆本を待っているのだろう。

(だって、皆本に会える)

きっとこれはあたしの我儘だ。
どうしようもない恋心の。

(そして、あの優しい人が、あたしを撃つ)

予知ではそうだった。あたしはそれを知っている。
戦いを途中で投げ出すようなその予知を受け入れること。
それが、どんなに無責任なことかってわかっているのに。
不毛で、そして皆を守るために諦めた恋が、最後の我儘を言っている。
抱き合いも、キスもできなかった。
女性として見てももらえなかった。
好きだとも、伝えられなかったそんな不毛な恋が。

(そうすればきっと皆本は、あたしの事を忘れないだろう)

皆本のそれが恋でなくても。

こんなあたしを知れば、紫穂も葵も、怒るだろう。
パンドラの皆も。
幻滅するかもしれないし、相変わらずバカだと叫ぶかもしれない。
だけれど、あたしにとっての皆本は、そのぐらい特別な人だった。
特別になれるなら、命を懸けてもいいと思えるくらい。
もちろん、命を投げ出すことに、抵抗がないと言ったらウソだ。
それは死ぬことが怖いというよりは、エスパーの皆を投げ出してしまうということが、怖かった。
皆を守れないまま、あたしはあたしの我儘で死のうとしている。
それが、どうしようもなくあたしの心を軋ませた。

「なんにでもなれるし、どこにでもいける」

あたしは小さく呟いた。
あたしを奮い立たせる、魔法の言葉。
皆本がくれたあたしの翼。

(超能力は物理法則を無視した力だ)

そう皆本は言った。そして。

(エスパーを束ねて、それを守る)

京介が、あたしの力について随分昔にそう言ったらしい。
あたしは直接は聞いていないけれど、葵や紫穂が言っていたから。
何故かずっと覚えていた。もう十年近く経つというのに。
それだけの力があると、皆本も、京介も言った。
言い方は違ったかもしれないけれど。

「どこにでも…」

もしそれが叶うなら。
あたしは、過去に飛んでいきたい。
本当にどこにでも行けるなら。あの優しい時間に今すぐに。

耳が遠くの爆音を聞き取った。戦闘が激しくなっているのがわかった。

「なんにでも…」

本当になんにでもなれるなら。
あの輝いていた日々を、こんな風に壊したくない。
皆を守る。
そのために、あたしは―――強くなりたい。誰よりも。

爆音。遠くで黒煙が見える。
またどこかでエスパーと普通人の衝突が起こったのだ。

でもあたしにはわかっている。
あたしにその力はない。
だからこんなところまで来てしまった。

(本当に?)

そこまで考えて、ふいにあたしの奥から声がする。

(本当にあたしにはその力がないの?)

声があたしに言う。抗えない力。
昔から、あたしの中には似たような何かがずっとあった。
皆が、危機に陥ったり、何か大変なことが起こったり、そういう時にあたしに囁きかける何か。
あたしを揺り動かす何か。
それがどういう意味だったのか、いつも終わってから気づく、あたしの中の声。
だからあたしは精一杯考える。
昔のように、もう子どもではないから、きっとそこにある意味を見つけることができるはずだから。

(あたしの、力―――超能力。今のあたしに足りないだけの力を得る方法―――)

ふと、何かが記憶を掠めた。

(負傷や極限状態で能力が強化されたり、増えたり―――そういう例がある)

その実例は、京介だったり、ばーちゃんだったり、グリシャム大佐だったりした。
そう、どこかでそういう説明を受けた。超能力について学んでいた時だったかもしれない。それとも飛行場の事故を起こそうとしたエスパーについて話していた時だっただろうか。
皆本がぽつりとそういうことを苦々しく呟いた時があった。
あれは京介を思い出してむかむかしてたんだろうか。
それとも、当時のエスパーのおかれた立場について苛立っていた?
避けられなかった戦争の中で、死に瀕したエスパー達の……。

(今のあたしには、確かにその力はないけれど)

あたしの中で何かが閃いた。細い一本の糸のような光。

(もし極限状態なら……死にかけるような、そんなことがあるなら)



ああ。



なんであたしが、今ここにいるのか。
やっとその理由がわかった。

あたしは強く自分の拳を握った。
手袋越しに爪が食い込む。

我儘な恋心。
それは確かにあたしの中にある。
だけれど、あたしは、あたしの中の声は言う。
皆を助けたい。こんな戦争なんて起こさせない。
そしてずっと皆と、紫穂と葵と、皆本と笑っていたい。

(―――あたしには、その力がある)

強い声だった。
物理法則を無視して、時空を無視して、過去に飛ぶ強い力。
でも、きっとあたしだけの力なら、足りない。
皆に助けてもらわないといけない。そうじゃないときっとこの世界を変えられない。
念動力以外の力。
エスパーを束ねるというあたしの力。
それで皆を過去に連れて行くことができれば、きっと。
でも、どうやって?

あたしの頭は急速に回転していた。
答えはとっくに知っている気がしていた。
あとはあたしが気づくだけなのだ、多分。

(像の中には歴代エスパーたちの魂がいっぱいデス。)
(残留思念……!!レアメタル結晶には思念波を記録する性質があるの…!?)

それはばーちゃん達と、インパラヘン王国に行った時の会話だ。
あんなに昔の話なのに、どうしてあたしは今こんなに鮮明に思い出すんだろう。
レアメタルの結晶にはエスパーの思念波が宿っていた。たくさん、たくさんの。

ヒュォォッとまた、強い風があたしに吹き付けた。あたしは思わず目を瞑る。
目を閉じたせいか、音が鮮明に聴こえる。
チャリッと何かが当たる音が、ひどくあたしの耳に響いた。
そしてあたしは、自分の耳で震える装飾を思い出す。

(―――悠理ちゃんの、イヤリング)

感傷と決意で、今までつけてきたのだと思っていた。
救えなかった、友達を忘れたくなくて。救い出したいと望んで。
だけれど、違った。
その気持ちももちろん確かにあたしの中にあったけれど。
だけれどこれは、高純度のレアメタルでもあったのだ。

あたしは僅かに震える手でイヤリングに触れた。

(あたしが、もし今以上の力を出せたなら、過去に行くことが出来るかもしれない。超能力が物理法則を無視するなら。皆をこのレアメタルのイヤリングに宿らせて……)

何もかもが。
何もかもが揃えられている。
あたしが気が付かない間に。
あたしが全てを揃えている。

(そして最後に力をくれるのは―――)

「動くなッ!破壊の女王!!いや……」

懐かしい声が響いた。
あたしの大好きな声が。

「薫ッ!!」

皆本が、あたしの名前を呼んだ。


それから、あたしが何を言ったのか。
あたしはあまり覚えていない。
ただ、挑発するような、どこか諦めたような、そんな声があたしの意識を無視してすらすらと出てくる。
懐かしい顔。ただそれだけを刻み込むように、あたしは皆本を見つめ続けた。
叶わないのに、永遠にこの人を見続けたいと願った。

そして通信が飛び込んでくる。
葵の叫び。そして途切れた声。爆音。

取り返しのつかない何かが起こったのだと、あたしは察した。
時間が来たのだと。

「もう…無理だよ」

このまま、もし戦いをやめたとしても。
あの優しい世界は帰ってこない。
誰もが傷つき、壊れ、大切なものを失ったから。
そして誰かを傷つける感触を覚えてしまったから。
それなら。

あたしは右手を皆本へ向けた。
攻撃を暗示するように。昔何かを壊して怒られた時のように、手のひらをかざす。

「知ってる?皆本、あたしさ―――」

慌てたように、熱線銃の照準があたしを狙う。

「やめろ…!」

皆本はクシャリ、と顔を歪ませた。

ごめんね。
あたしはもう、あなたにそんな顔をさせたりしないって、誓う。
守ってみせるって、誓う。
ただ、叶わなかった恋が悲鳴をあげるけど。
本当は今この瞬間、抱きしめられたいと思うあたしがいるけれど。
このままあなたの記憶の中で永遠になりたいと、馬鹿なことを考えるあたしもいるけれど。

あたしは自分の目尻に溜まった涙に気づかないふりをした。

戦うから。あたしはまだ、あなたのために戦えるから。

「大好きだったよ」

だから、あたしにどこまでも飛べる翼をください。
小さな時から、あなたはあたしに翼をくれたから。
皆本の銃なら、誰でもない皆本に撃たれるなら、あたしはどこまでだって飛んでみせる。
それが時空を超えた過去であっても。

あの時と同じ、魔法の言葉をあたしは心の中で呟く。

(なんにでもなれるし、どこにでもいける)

だから、こんな未来、こさせない。


「愛してる」


いってきます。


呟いた瞬間、あたしの胸に火が灯った。










なんとなく最初の未来の薫妄想してしまいました。というか完全に捏造です。
なんか色々矛盾が出そうだけれど見逃してください。

[mente]

作品の感想を投稿、閲覧する -> [reply]