3443

お揚げ三枚出したでしょ 〜ちょっと改訂版〜

立春も過ぎた、2月半ば。
暦の上では春が始まったとはいえ、時折木枯らしが吹き、高い空には綿菓子をちぎった様な雲がまばらに流れている。
まだまだ冬将軍の勢威は衰えず、寒いから休むと美神が愚痴を呟きつつも、横島に背中を押されてどうにか除霊に出かけ、事務所ではおキヌとタマモが留守番をしていた。
おキヌはこの間にと、ぱたぱた階段を上がったり下がったり、家事を忙しくこなす。
対照的に、狐姿のタマモはソファーにすやすやと横になり眠っていた。
シロがいたならやはりキツネは小ずるい怠け者でござるなと喧嘩になっていたろうが、おキヌは窓辺で日向ぼっこするタマモをそのままにしておいた。
久しぶり人のぞいた日差しは春というには弱いが、それをとても暖かく感じていたのは、おキヌも同じだったからだ。
どれだけ時間が経ったろうか、寝ぼけたタマモがぼんやりと足音を聞きながらあくびをした時、おキヌが声をかけて来た。


「タマモちゃん、この後用事ある? 」

「・・・・・・なあに? 」


気だるそうに返事だけで顔も向けず起き上がりもしないタマモに、狐のタマモは可愛いなあと感じ(どこか的外れだが)ながらも、顔くらい向けてくれてもいいんじゃないと思ったおキヌは、不意に、少しだけいたずらをしたくなった。


「ね、お買い物に付き合って欲しいんだけど」

「・・・寒いから嫌」

「美神さんみたいなこと言わないで。大丈夫よ、タマモちゃんは歩く必要も無いから」

「良く分からないけど、ならいいわ」


まだ頭から眠気を追い出せないタマモは、歩かなくていいと言ったおキヌについ返事をしてしまう。
おキヌがちょっと意地悪く笑った事には、気がつかなかった。











「あは、お母さん、あの犬可愛いー」

「犬・・・・・・このあたしが犬・・・・・・」

道ですれ違った親子から、楽しげな声が聞こえる。
ため息と共に周りを見渡せば、皆こちらを見て笑ったり微笑んだりしている。
対照的に、タマモの表情は見る間に曇っていく。



「・・・・・・ねぇ、おキヌちゃん。あたし降りて歩きたいんだけど」

「だーめ。カイロが無くなっちゃうじゃない」


川沿いの桜並木をおキヌは買い物袋を抱え、白く色づく息を散らしながら歩いていた。
春には花が見事に咲くが、今はまだ芽も見えず枝ばかり目立ち、気温以上に寒々しい。
スーパーで夕食の材料を買い込んで、袋には飛び出す長さのネギやタマモの好物であるあぶらげ、すき焼き用の薄切り肉、卵などが入っている。
そしてその胸元には狐(犬?)が一匹、コートのボタンの掛け目に細長いあごをちょこんと乗せている。


「カイロ・・・・・・もはや犬ですらない・・・・・・」


カイロと言われたタマモはなんともやるせく、体をじたばたさせる。
生まれ変わって程なく、いまだ力こそ弱いが、タマモは九尾の狐、かつてはインドや中国の宮廷を騒がせた大妖である。
それが道行く子供に犬呼ばわり、さっきは見知らぬおばあさんに頭を撫でられ、あまつさえ買い物のついでにカイロ代わりに利用されるとは、心情を察して余りある。


「タマモちゃん、九つも尻尾があってどれもふさふさしてるから、暖かいだろうなーって前から思ってたんだ」

「そんな事言うの、おキヌちゃんくらいよ」


先ほど生返事をしてしまったのが悔やまれる。


「ぼけぼけしてそうだな、って思ってたけどさ。おキヌちゃんて、案外ちゃっかりしてるわよね」


今日にしても、行き帰りのカイロ代わりにしたかと思えば、特売品の卵を買うその時だけタマモを人間形態に戻して並ばせたりした。
気配り目配り、思いやり。
美神事務所唯一の良心と言われるおキヌは大概の家事は一人でこなすが、必要な時には親だけでなく狐の手すら借りるのだと最近タマモはわかってきた。
どうも事務所の連中や周囲の人間は、おキヌを勘違いしていないだろうかとタマモは微苦笑を浮かべた。


「こんなんなら、最初にあたしは怖いんだぞーってイメージ植えつけとけばよかった」

「怖いこといわないの。最初に会った時かあ・・・・・・あ、横島さんの家で化かされた時ね」


おキヌはあの時の事を忘れもしない。
大きな除霊で張り切って出かければ罠に掛かったのは弱った子狐一匹で、どうしても手を下せなかった横島がタマモを助けたのが、すべての始まりだった。
こっそり連れ帰った横島のアパートで、警戒してうなり声を上げるタマモと友達になろうとした。
しかし差し出した指を噛まれて痛い思いをし、あげくに、幻術で今日の様な寒空の下、横島と二人でオリンピックごっこをさせられ、けっこうな風邪を引いてしまった。


「るーるーるーなんて指を突き出してくるから、噛んで欲しいのかなって」


タマモが悪びれもせず言うが、おキヌは噛まれた人差し指でちょんと胸元の頭を跳ねる。


「んもう、そんな訳ないでしょ。結構痛かったんだからね、あれ。風邪まで引いちゃったし」

「悪かったわよ。だから、あの後薬をあげたでしょ」


横島と二人コタツで暖を取っていた時に、玄関前に置かれていた蓮の葉っぱでくるんだ薬はタマモのお手製だった。


「わざわざ持ってきてくれたあの薬、良く効いたわよ」

「そりゃそうよ、あたしの特製だもの。でも、今思えば横島のバカにはいらなかったかも」

「そんな事言うものじゃないわよ」

「バカはバカでしょ。始終おちゃらけてるし、頭悪いし、セクハラばっかりしてるし。おキヌちゃんがなんであいつに良くするのか、全然わかんないわ」


タマモの横島へのイメージは総じてこんな物だったが、確かにタマモが来てから横島がいい所を見せているかと言うとそうでもなく、おキヌには否定のしようもない。
あけすけな横島に接しているうちに、時間が解決してくれるだろうと思うのだが、こうはっきり言われると少し不安になった。
いつのまにやら並木道は終わり、足元からはコツコツとブーツがアスファルトを叩く音ばかり聞こえてくる。


「そのうち分かってくるわよ。横島さんなりの良さが」

「あんまりわからなくてもいい気がするけどね」


ふん、と鼻を鳴らすタマモの口調はいつもの様に冷めていて、おキヌにはそれが少し悔しい。
つい口を尖らせたが、差し掛かったビルの隙間から強い風が吹きぬけ、首をすくめる。
首元に感じた毛皮のくすぐったさに、肩の力が抜けたおキヌは、かみ締めるように呟く。


「ぼけぼけのあたしにだって分かったんだもの、頭のいいタマモちゃんにならきっとわかるわ」

「根拠が無い」


胸元でパタパタと抗議の意思を示すように尻尾を動かすタマモに、おキヌは思い出を振り返りながら


「あるわよ。タマモちゃんも私も、横島さんに助けられた者同士だもん」


柔らかく、でもきっぱりと、タマモに伝えた。
思うところがあったのか、タマモは少し考えこむ。
塗りなおしたガードレールをはさんだすぐ近くを、荷物を積み込んだトラックがフォンと音を立て走り去る。
トラックがビルの陰に隠れ視界から消えたと同じくらいに、タマモがそっと口を開いた。


「助けられた、か。確かにそうかもね・・・」


タマモの寂しそうな口調は、殺生石に封印された昔を思い出してのものだろうか。
復活してすぐ、追い立てられた事を思い出したのだろうか。
これだけ近くても、おキヌにはわからない。
ただ一つ、おキヌに言える、いや、言いたい事があった。


「タマモちゃん、あたしね。お願いしたい事があるんだ」

「突然なに? 」


ピンクの手袋をはめた右手で、おキヌはタマモの頭をゆっくりと撫でる。
金色の毛が手に沿って沈み、またしゃんと立つ。


「覚えておいてほしいんだ、横島さんの事」

「なあに、それ」

「別にね、良い印象とかで無くていいの。ただ、バカでスケベで、頭が悪くて。でも、あけすけで、側にいると落ち着けて・・・・・・」

「十分褒めてるじゃない」


的外れな発言は今に始まった事ではないが、おキヌは何を言いたいのか、そうタマモは思う。
手前の信号が赤になって、おキヌの足が止まる。
目の前を、右に左に、様々な車が行きかう。
タマモが視線を上げれば、信号灯の上からカラスが一羽見下ろしていた。


「あたしは300年前の江戸時代の娘で、本当なら今ここにいるはずもないの。だけどこの世に縁があって、横島さんや美神さんに助けられて、良くしてもらって」


タマモはけたましい騒音の中、耳を立てておキヌの言葉をじっと聞いていた。


「幽霊として、気の遠くなるような長い時間を過ごした後に、こんな素敵な時間を貰ったの。でも、タマモちゃんは生まれ変わってすぐ横島さんに出会った」

「除霊されかけたけどね」


ふてくされたように呟くタマモに、おキヌは続ける。


「でも、除霊はされなかったでしょ? その騒動も含めて、これから長い時間を生きるタマモちゃんの、いい思い出になると思うんだ」

「・・・思い出なんて」


いらないわ、そう言いかけて、タマモは口をつぐむ。
なぜだろうか、以前の自分なら、迷わずに言っていただろうに。


「信号、青になったわよ」


ごまかす様におキヌに告げる。
そう長くは無い横断歩道を渡り終えると、美神事務所はほど近い。
交差点の真ん中で信号を見上げると、カラスはもういなかった。


「バカで、スケベな横島さんを覚えていて、ずっと先で話をして、今は違っても、その時にタマモちゃんが笑ってくれたなら」


横島さんだって、きっと嬉しいわ。
タマモは聞き終えて、まぶたを閉じる。
自分が横島の話で笑っているなんて想像が付かなかったが、でも決して、悪い気分では無かった。


「・・・・・・じゃあ、覚えていてあげる。どーしよーもないバカでスケベな御先祖がいたって、おキヌちゃんや美神さんの子供達に語りついであげるわ」

「そ、それもちょっと・・・・・・」


角に立つ、美神事務所が見えてきた。
昭和初期のモダン建築で建てられた事務所は重厚なレンガ造りで、ガラス張りのビルの中、日差しを受けて明るく、一際存在感を示している。


「それが嫌なら」

「嫌なら? 」


自分をコートの上から抱えていた手を踏み台にして、ぴょんと胸元から飛び出す。
芝生の上で変化したタマモは、おキヌに向かって右手を突き出し、三本指を立てた。



「今日は、お揚げ三枚出して」


すましたタマモの目は、笑っている。
おキヌもつられて、おかしそうに笑った。


「はいはい。じゃあ約束ね」


小指を差し出し、タマモの小指と絡めあう。


「約束破ったら、お揚げ三枚出したでしょ、って言うように伝えておくわね」

「はいはい」

「ふふっ」

「あははは」


玄関の前で、もう一度大きな声で笑う。
その笑い声に気付いたのか、人工幽霊一号がおかえりなさいと声をかけて来た。


「ただいま」

「今帰ったわ」


階段をのぼり、二人は扉を開いて事務所に入る。
周りでは、様々な人がそれぞれの道を歩いている。
日はいよいよ高く、強くなった日差しが春の訪れを告げるかの様だった。





―終―

挿し絵:サスケさん  多謝!
ハロー、ハローワールド。
お久しぶりです、とーりです。

今回の作品は、サスケさんのhp「サスケ部屋」にお預けしていた「お揚げ三枚出したでしょ」をGTY+にちょっと改定の後、投稿させてもらったものです。
(規約上はGTY+は自サイト扱いになるため、問題ございません)

なるたけオリジナルやベターハーフ書きたいのですが、ちょっとまだ忙しく。
でも物を書くのは辞めずに続けていきたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

[mente]

作品の感想を投稿、閲覧する -> [reply]